リレンザというインフルエンザに対する薬を知っていますか?こちらは吸入タイプの薬となっており、迅速に上気道に到達するので即効性があります。使い方1つで効果の出方が変わるので、正しい服用法や詳しい効果についてを解説したいと思います。

インフルエンザの潜伏期間・症状・予防方法

インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染する事によって起こります。ウイルスに感染してから症状が発症するまでにかかる期間の事を「潜伏期間」と言いますが、インフルエンザウイルスの場合、潜伏期間は約2日から長い方だと1週間というケースが多いようです。この潜伏期間を経て、様々な症状が起こります。

インフルエンザの潜伏期間については以下のサイトにて参考にさせていただきました。
インフルエンザ潜伏期間 – インフルエンザ治療・予防薬@通販

インフルエンザの症状

インフルエンザを発症して約1日目から3日目は、突然38度以上の高熱が出る・全身症状が現れるのが特徴です。それまで熱はなかったのに症状が出ると、急に高熱となります。全身症状としては激しい筋肉痛や食欲不振などが一般的です。
このような症状が現れてから、やや遅れて喉の痛みや咳、くしゃみといった呼吸器症状が出てくる他に、場合によっては嘔吐などの消化危険の症状を訴えるケースも少なくありません。このような症状は約10日間程度で、自然に治癒するケースが多いようです。

インフルエンザに感染しないためには?

かなり辛い症状が1週間以上にわたり続いてしまうインフルエンザ、できるだけ感染したくないものです。少しでも感染を予防するには日頃から対策する事をおすすめします。まずは体調を整えてインフルエンザウイルスに感染しにくくなるよう、抵抗力をつける必要があります。栄養バランスのとれた食事を行う、睡眠は十分取るといった日常生活のケアが大切です。
外出をしたら必ず手を洗うようにしましょう。手の平や指の間、爪の間なども丁寧に洗う事でインフルエンザウイルスを洗い流す事が可能です。人ごみの多い場所はウイルスに感染するリスクが高いので、予防のためには出来るだけ控えた方が得策ですが、もし出かけなければいけないという場合はマスクを着用して感染対策を行います。
家の中では加湿器などを用いて、湿度を調整する事も重要なポイントです。インフルエンザウイルスは乾燥している場所を好むので、加湿器で約50度から60度程度の湿度を保つようにしましょう。

小さい子供はインフルエンザの予防接種しよう

インフルエンザウイルスに感染して症状が出ると、大人でも辛い症状が続きます。小さい子供となると、なおさら辛い思いをさせてしまう事になるでしょう。また、子供の場合「インフルエンザ脳症」といった命を失う危険性もある病気を発症しかねません。ですので、しっかり予防する事が大切です。インフルエンザ予防として有効な予防接種は、抵抗力の低い小さいお子さんの場合、行っていた方が良いでしょう。

インフルエンザの種類によってワクチンが異なる?

インフルエンザウイルスにはA型・B型・C型と3つの種類があり、毎年どのウイルスが流行するかによって予防接種に用いるワクチンが変わります。インフルエンザのA型は激しい症状が出るウイルスと言われています。また、ウイルスの形がどんどん変化していくのでワクチンの予想が立てにくいウイルスと言われているのが特徴です。B型は近年、毎年のように流行している型です。B型に感染すると下痢といったお腹の症状を訴える方が多いと言われています。
C型は大人であれば、ほとんどの方が抗体を持っているウイルスです。4歳以下のお子さんに感染するケースが多い傾向にあります。ワクチンの接種は1回だけでなく、2回行うのが基本です。なぜ、2回予防接種を行う必要があるのかというと、より強力な抗体を得るためです。1回、予防接種を行ったら次のワクチン接種は約2週間から4週間の間隔を空けて行います。インフルエンザの流行時期は12月から3月程度なので、この期間を逆算してワクチンを受けるのがベストです。
2週間から4週間の期間を空けて2回、予防接種を行う事を考えて11月中には1回目のワクチン接種は終えておくと良いでしょう。接種1週間から2週間後より抗体が上昇が始まり、2回目の接種1カ月でピークとなります。その後、3ヶ月から4カ月後には徐々に減少します。必ず2回、予防接種をする必要は無いと言われていますが、より万全の状態にするには2回の予防接種を受けましょう。