リレンザというインフルエンザに対する薬を知っていますか?こちらは吸入タイプの薬となっており、迅速に上気道に到達するので即効性があります。使い方1つで効果の出方が変わるので、正しい服用法や詳しい効果についてを解説したいと思います。

妊婦がインフルエンザにかかっても完治できるリレンザ

妊婦になると、お腹の胎児のことを一番に考えながら生活しなければならないので、インフルエンザなどの病気には極力かからないよう、気を付けなくてはなりません。
しかしマスクを付けたり、うがいや手洗いを欠かさないなどの対策をしていたとしても、感染してしまうことはあるので、そんなときはすぐにリレンザなどの薬で治すようにしてください。
もし発症したら、出来るだけ早い完治を目指すことが大切ですが、妊婦の場合は赤ちゃんのことが心配で、なかなか薬を使う気になれない方もあるようです。
妊娠中に下手に薬を使うと、胎児に何らかの影響を与えてしまいそうで、怖くなる気持ちもわからなくはありませんが、これまでリレンザを使用した妊婦に、重大な問題が起きたような報告はないので、安心するようにしましょう。
それにリレンザなしで治そうとすると、気道でインフルエンザウイルスが増殖して悪化するため、40度近い高熱が長期間続いたり、筋肉痛や頭痛、下痢などの症状に苦しめられるので、その方が母体ともに危険な状態になります。
妊婦はもともと抵抗力があまりないので、インフルエンザを発症すると重症化しやすい傾向にありますから、早めに完治したいなら、発症後48時間以内にリレンザを吸引するようにしてください。
リレンザは48時間以内に使用しないと効果がないので、それ以上過ぎてから吸引しても、意味がありません。
完治までの時間が長引き、なかなか熱が下がらない場合は、入院しなければならない可能性もあるので、胎児のことを考えるなら、早めに使うようにしたいですね。
リレンザは病院へ行けば処方してもらえますが、個人輸入代行サービスでも扱っていますから、インフルエンザになりたくない方は、冬が近づく前に買っておくとよいでしょう。